「 世の中のこと 」一覧

NO IMAGE

あれ円高になるはずじゃ…→大統領演説を読む→国の機能とグローバリズムについて考える

トランプ大統領が誕生。為替や株価への影響は限定的。就任演説に見えるのは保護主義だが、本来の国の機能としては正しい。保護主義による国家間の争いの反省から提唱されたグローバリズムは経済至上主義のもと、国の「国民を守る」機能を喪失させ、一部の人々の「神経症的欲求」を止め得ずに行き詰まりを迎えた。グローバリズムに必要だったものは何なのかを考える。

NO IMAGE

高度人材の輸入促進、という政策の暗示する未来

高度外国人材が、永住権を最速で得られる国にする…そんな安倍首相の言葉が実現しつつあるようです。 法務省は17日、外国人の永住許可について、研究者・技術者や企業経営者など高度な能力を持つ人材に限り、許可申請に必要な在留期間を現行の「5年」から最短で「1年」に短縮...

NO IMAGE

先進国における少子化の問題について思うこと。

日本の少子化の流れが止まらない。育児、教育に必要な費用の増加、女性の社会進出など、さまざまな原因が挙げられているが、その底に、先進国に共通する無意識下の方向性がないだろうか。経済至上主義による人間性の否定の結果が今ではないか。人間を経済の奴隷として扱うことをやめなければ、この傾向は変わらないのではないか。

NO IMAGE

築地市場の豊洲移転問題、地下水調査で驚愕の結果

築地市場の移転先、豊洲の地下水調査の結果で、環境基準を大幅に超える量の有害物質が検出された。これまでの調査と違う機関が担当。今後は都環境科学研究所と民間機関2社で調査を継続。今年夏の移転可否判断は延期か。築地市場の継続利用は限界を迎え、補償費の問題も。築地跡地のオリンピック利用(道路敷設)にも影響。

NO IMAGE

できない理由なんて、いくらでも見つけられるけれど。

昨日、取り上げたフィンランドでのベーシックインカム試験導入ですが、某掲示板で取り上げられていました。 ちらっと読んでみたところ、まあ、ものすごい否定のされよう(ベーシックインカムという制度の日本への導入が、です)。 ひたすら「できるわけない」「無理」「絶対う...

NO IMAGE

フィンランドが、ベーシックインカムを試験導入するそうです。

フィンランドがベーシックインカムの試験導入を実施するとのニュース。失業者の就職促進と、福祉関連のコスト削減が目的とのこと。日本での実験は実現が難しそうだが、一方でセミリタイアしている人々は、基本的な生活費は確保した上で、必要な時に必要な分だけ働く、という意味で、ほぼベーシックインカムを導入しているのと同じ状況ともいえる。

NO IMAGE

クリスマスイブに思う

一人で過ごすクリスマスイブ。子供のころから、クリスマスは皆が誰かの幸せを願って過ごす素敵な日だと思っていた。クリスマスマーケットが狙われたテロ事件に、幸せな人ばかりではない世界の現状を突きつけられる。ISISを成り立たせる深い闇。

NO IMAGE

会社員はイージーモード。だけど型にはめられるのも辛いよね

会社に一度入ってしまえば、居場所と生きる術は用意され、人生イージーモードとなる。しかし一方で、機械的に、同じ時間に同じ場所に集まることを求められ、型にはまった人生を送ることにもなる。愚かにもイージーモードの人生を捨てて求めるものは、人間よりも車(経済活動)優先の信号機に追い立てられない生活か。

スポンサーリンク
レク大
レク大