高リスク資産の現状と今後の方針について。

円高が進んでいるので怖くて見てなかった高リスク資産、チェックしてみました。

いまのところ、1月初めに比べて1%の下落で済んでいました。

円高の影響は、まだそんなに出ていない感じでした。

そりゃそうかもですね。4円くらいしか落ちてないし。

下落の主な要因は、好調だったクアルコムの株価が下がったこと。

アップルに提訴されたことが原因みたいですね。

米アップルは、米クアルコムが携帯端末用半導体の市場を独占しているほか、アップルが韓国の独占禁止当局と協力したことへの報復措置として10億ドル(約1146億円)の支払いを保留しているとして、クアルコムを提訴した。

米アップルは、米クアルコムが携帯端末用半導体の市場を独占しているほか、アップルが韓国の独占禁止当局と協力したことへの報復措置として10億ドル(約1146億円)の支払いを保留しているとして、クアルコムを提訴した。

クアルコムはうちの稼ぎ頭なのに、アップルさん何してくれてんねん><

それでも影響が1%で済んだのは、そのアップルの株価が上昇したおかげも大きい。

なんだかな、という感じです。

今後の動向としては、短期的にはさらに円高に進むと思っています。

特に、2月10日の日米首脳会談をきっかけに動くんじゃないかなと。

円高に進んだら、シスコ、アマゾン、グーグルあたりを少しずつ買い込もうかなと思っています。

長期的には、トランプさんのアメリカファースト政策がうまくいけば、ドル高円安、米国株高になるはずなので、それに向けて仕込みをしておきたいですね。

トランプさんの保守的な政策は、IT関係のグローバル企業には恩恵が薄いかもしれません。

でもこれも長期的に見て、IT関係の成長は間違いないと思っているので、そちらには投資しておきたいところ。

そしてそのためには、ドル円は一度どかんと落ちて欲しい…。100円近くとか、100円切るくらいまで。

ただ、今年度の決算が終わるまでは、政府が意地でもそんなに落とさせずに円安を保つのかな…?

ちなみに、高リスク資産を含めたポートフォリオは、現在はこんな感じ。
◆外貨:5%
◆投資信託:5%
◆高配当株:18%(準備金3%込み)
◆日本円:72%

(高リスク資産と言っているのは、上記のうち日本円を除いた部分です。)

今後の目標ポートフォリオも、変わっていません。
◆外貨:5%
◆投資信託:5%
◆高配当株:30%
◆日本円:60%

高配当株の12%は、円高・株安の波が来たら買い足していこうと思っている部分です。

…が、いつになるやら(汗)。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大