働かない生活、一ヶ月目の感想

最後の出社日だった12月28日から、一ヶ月が経とうとしています。

そこでこの一ヶ月の「働かない生活」について、想像していたのと同じ部分、違っていた部分を、ちょっと書いてみようと思います。

時間の余裕について

想像:大丈夫だと思うけど、もしかしたら暇過ぎて困るかな?

現実:時間足りない!

とりあえず、時間があり過ぎて困るということは、全然ありませんでした。ここまでは想定の範囲内。むしろ時間、まだ足りないです。一日が48時間あってもいいと思います。

まず当面は、勉強したいことがあって、ある程度それに時間を使っています。今のところ週に10時間くらいかな?本当はもう少しやらないといけないんですが。

あと、勉強に疲れたり、そうでなくても娯楽が欲しい時などには、インターネット上にお宝がたくさんあります。

だいたい無料で楽しめる動画、音楽、掲示板等々。単なる暇つぶしから情報収集、果ては人生を豊かにしてくれる芸術作品まで、何でも揃っています。

あとは本を読んだり、買い物と運動不足解消を兼ねて散歩に行ったり、自炊、その他の家事をしたりで、一日が過ぎていく感じです。

ただ、今のところ上に書いた勉強とネット上のお宝探し(主に後者)で時間を使ってしまって、あんまり他のことに時間を取れていません。

時間ができたら本を読みまくりたい、と思っていたはずなんですけどね。でも本を読むのも結構疲れるので、どうしても楽なほうへ流れてしまうようです。

17日くらいまでは人と会う機会が多かったせいもあり、割と活動的にいろいろやっていたのですが、そこから後、完全に自分の自由に時間を使えるようになってからが、楽なほうへ楽なほうへと流される生活になってしまいました。

こう考えると、ある程度の「時間の不自由」って、必要なものなのかも知れません。

なので時間に関して困っていることと言えば、時間の使い方をもう少し自分でコントロールしないといけないな、ということくらいでしょうか。

放っておくと丸一日でも寝ていられたり、ネットサーフィンだけで過ごせたりすることがわかったので…。

もちろん、そういう日もあってもいいと思います。だけど、それだけじゃなんかもったいない気がするんですよね。

孤独について

想像:孤独上等。強制的な人間関係がなくなったらスッキリするに違いない。

現実:え?あれ?なんで?

これは全然、予想していなかったことなんですが、前にも書いた通り、不思議な人恋しさが出てきました

不思議な人恋しさの訪れ。
眠い…。 昨晩はネトゲで、期間限定のグッズを手に入れるため、イベントに参加していました。 ついついムキになってやってしまい、1時半頃終わって布団に入るも、目が冴えて全然眠れず。結局、寝付いたのは3時半過ぎ頃でしょうか。 まだ風邪も治ってないのに...

しかも2週間くらいで、ですからね…。ちょっと早すぎやしないかと。

対人関係スキルが致命的に低いわたしにとって、一日の多くの時間を他人と一緒に過ごさなくてはならないのは苦痛でしかなく、それも早期リタイアをめざした理由の一つでした。

それがこうも早く、他人との交流のなさを寂しく感じるようになるとは。

いや、強制的な人間関係がなくなってスッキリしたのは確かです。むしろ、スッキリしすぎた、みたいな。

でも以前の、職場で常に他人に囲まれている生活に戻りたいかというと、そういう気持ちはありません。

じゃあ誰かと新しく人間関係を結びたいかっていうと、そういうわけでもないです。長く続く人間関係は、今あるのだけでも十分。

そういうのではなくて、ただ、何となく人恋しい。

仕事上、合わない人とも無理やり合わせなくてはいけない、というのがなくなったからなのかな。たぶん、そうなんでしょうね。

友達や身内が会ってくれる時は、喜んで飛んでいく。保険の勧誘であろうとも、愛想よく会いに行く。たとえコンビニの店員さんとでも、会話できる機会は逃さない。

こんなところに宗教の勧誘でも来ようものなら、うっかり引っかかってしまいそうです(またか!)。

高額のサービスや製品を売りつける詐欺の被害に遭ったお年寄りが、売りつけた側をかばったりするじゃないですか。「話し相手になってくれて、親切にしてくれたからいいんだ」って。あの気持ち、少しわかる気がします。

まあ私の場合、もうカモられるようなお金の余裕はないので安心なんですけどね。

もう一ヶ月、まだたったの一ヶ月

いろいろ言っても、まだたったの一ヶ月です。二十何年間のサボリーマン生活を考えたら、短すぎて比較にもなりません。それにしちゃ我ながらこの生活に馴染むの早いですが…

これから暇過ぎて困るようになるのかも知れないし、ならないのかもしれない。人恋しさは消えていくのかもしれないし、募っていくのかもしれない。

暇過ぎて困って、さらに人恋しくて仕方なくなったら、また働き始めたりするのかもしれません。

とりあえず今は毎日が楽しいので(悩みも苦労もあることはありますが)、この楽しさを享受していようと思います。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大