今の株式市場が嫌いです。本来の役割から離れてしまっている気がするから

何だろう、今日はえらい早く起きてしまいました。
7時過ぎに目が覚めて、どうせそのまま二度寝になるだろうと布団の中でゴロゴロしていたら、一向に眠くならず。
2chぽちぽち、ネット漫画ぽちぽち、ソリティアぽちぽちなどしてみるのですが(いつもは起きようとそうやっているうちに寝る)、ぼんやりした眠気はあるものの眠るには至らず。

しょうがないので起きてしまいました。
この時間にご飯まで食べ終わっているとか、平日でもありえないぞ!←

ここ数回、投資の話を書きましたが、実は私は株が嫌いです。
現時点では、お金持ちがさらにお金持ちになるためのツールになってしまっているからです。

どこかの会社に出資して、その会社を育てる、という意味での株は、良いものだと思います。その結果、会社が発展して、いい製品が世に出て、従業員も増え、その会社のある地域が元気になり、社会が発展していく。そのための投資は、とても有意義なことだと思います。

だけど、例えば、どこかの会社の株を大量に買って株価をつり上げ、株価が高くなったところで売り抜ける。要するに株価の操作、そんなことも、お金があれば、できてしまう。もちろんそんな単純なしかけではないのでしょうけど・・・。

そこまでせずとも、株価が低いときに買って、高いときに手放す、という、差額を得ることを目的とした株売買も、本当は、おかしいと感じます。
その会社を育てたり支えたくて買うのではなく、自分の利益のためだけに売買するというのは、健全ではないと思うから。

会社には経営者がいて、出資者がいて、従業員がいて、会社の建物の周りの住人がいて、会社の売るものを買う人がいて、それぞれに家族がいる。たくさんの人が関わっている。
けれど、株価の差益目的で売買をするときは、自分の損得が重要で、会社の社会的意味なんて目に入らなかったりする。
株って、本当は、そういうことと切り離してはいけないもののような気がします。

あとは、なんかズルイ感じがするから。
農家で作物を作ったり工場で物を作ったりしている人より、株を売り買いするだけの人のほうが、収入が多かったりするのは、なんかやっぱり変です。
モノあっての私たち(社会であり人間)なのに、モノを生み出すことよりも、そのモノが生み出す価値だけをやり取りすることのほうが儲かるというのは、本末転倒で、いびつな感じがします。

そんなようなわけで、私は株が嫌いで、人生折り返しのこの年になるまでほとんど手を出してきませんでした。
しかし背に腹は変えられず、インフレ対策として株や投資信託を買わないわけにはいかなくなりました。
大人になったということでしょうか。←
(というか、最初から毛嫌いせず、若い頃からもっと投資について勉強はしておくべきだったという後悔はしています。)

でもせめて、株をやり取りするときは、その株の背後にある存在(会社と、それにつながっている人々)のことは忘れないようにしたいです。
例えば自分が利益を得られるかどうかだけで判断するのではなく、自分がお世話になっていると、もっと発展してほしいと思う会社の株を買うようにする。そして基本的には買った株は持ち続けたい、と思っています。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大