風邪をひきました。

土日、ちょっと小旅行に行ってきました。
その際に、風邪をひいてしまったようです。

ヤバいな、とは思っていました。
旅行先で観光中に、ひどい雨に降られ、服の濡れた状態で長時間を過ごすことになってしまったのです。

帰宅後、すぐに乾いた服とエアコンとあったかい飲み物などで身体を温め、様子を見ました。
その時は、大丈夫かな…と、思ったのですが。

翌朝、風邪の症状がひどく出てしまいました。
まず、のどの痛みと、たんと、ひどい咳。それから鼻水。
この時点では、熱は37度程度でした。

月曜日は休日だったのもあり、市販薬を飲んでおとなしく寝ていました。
で、今日、だいぶ良くなってはいるもののまだ調子が悪いので、お医者さんへ。
風邪の治りかけと言われ、念のための抗生物質や咳止めなどをもらって帰ってきました。

薬を飲んで、もう安心だと思ってひと眠りして、目覚めたのが17時過ぎ。
やたらと熱いので、エアコンの温度設定を確認するも、普通。
まさかね~と思いながら熱を測ってみて、びっくり。
朝は平熱まで下がっていたのに、その時点で37.9でした。

咳、のどの痛み、鼻水などの、熱以外の症状は、薬が効いたのか、軽快していました。
ただ、やたらと熱い。
エアコンが30度設定になっているのかと思うほど、熱いのです。
(熱い以外はやたら元気でした)

これは完全に、お医者さんに行った時のもらい風邪だな、と思いました。
待合室で待っていた時に、お医者さんに「すごい熱だからインフルかと思った~」と話している人がいたのです。
(順番待ちが私を含めて数人いたのに、いつまでもお医者さんに長話をしようとするので、イラッとさせられたのと、言葉のわりにすごく元気そうに見えたため、会話も印象に残っていました)

お医者さんからもらった薬をチェックしてみると、解熱剤は入っていませんでした。
そりゃそうですよね。日、月と37度少ししか熱はなかったし、受診時には平熱だったんですから。

これはいけないと思って、とりあえず薬を買った薬局に連絡。
「高熱が出てしまったので解熱剤を飲みたいけれど、今日もらった薬との飲み合わせは大丈夫か」を問い合わせました。
まだ薬屋さんがやっている時間で良かった。

まずインフルエンザの症状がないか(悪寒、関節の痛みなど)聞かれました。
ないと言うと、手持ちの解熱剤を聞かれました。
答えると、本当は「カロナール」が良いのだけれど、インフルエンザでなければ、手持ちのものでも大丈夫だろうとのこと。

もしインフルエンザだと、市販の解熱剤は飲まないほうが良いものが多いそうです。
推奨されるのは、アセトアミノフェン系の「カロナール」なのだとか。

今すぐ熱を何とかしたい!と思う一方で、「インフルエンザのときは、解熱剤を飲まない方がいい」という話を聞くことも。一体それはなぜでしょうか?ドクター監修のもと、インフルエンザと解熱剤の関係について解説します。

さすがに38度近い熱は下げたほうが良さそうだったので、食後、他の薬と一緒に解熱剤を飲みました。
ちょっと下がったけど…まだまだ高い。
おとなしく保冷剤で頭を冷やして寝ることにします。

しかし、治りかけの風邪を診てもらいにお医者に行って、もっとひどい風邪をもらってくるとか、困ったものですね。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大