フィンランドが、ベーシックインカムを試験導入するそうです。

今日、こんな記事がありました。

フィンランド、ベーシックインカムを試験導入 対象者に月額560ユーロを支給

既存の制度下では、失業者が失業手当の失効を恐れて求職をはばかるケースがあるという。しかしBIの支給額は対象者の財務状況にかかわらず一律。一定額の給付を受けながら労働収入を得られるため、失業者の就職を促進する効果が期待される。

加えて、高福祉国家ゆえの福祉関連コスト削減も見込んでいるようです。

先日、スイスの国民投票ではベーシックインカムの導入が否定されていましたが、フィンランドは政府主導で試験するんですね。面白い。

シンギュラリティの到来を信じている一人としては、早めにベーシックインカムの導入テストをしておいたほうが良いと思うので、ちょっとフィンランドが羨ましいですね。

日本ではなかなか…試験をすることさえ困難だと思いますので。

でもですよ。

最低限、生きていけるだけのお金は確保しておいて、それ以上、何かするためにお金が欲しかったら、必要な分だけ、働く。
特に必要がなければ、働かない。

という生活は、非常に、セミリタイアの人の状態に似ています。
ただ、財源が、個人の財布か政府の財布か、という違いがあるだけで(もちろん、大きな違いですけど)。

そうであれば。

セミリタイアしている人は、既にベーシックインカムの試験導入をしているのと同じではないでしょうか。

ということは、ブログ村セミリタイアカテゴリに数ある、セミリタイアブログを観察すれば、ベーシックインカムの導入が人にどんな変化をもたらすかが、なんとなく見て取れるのではないでしょうか。

わたしの見る限りでは(希望的観測に偏っているかもしれませんが)、導入に反対する人が危惧するような、例えば「ナマケモノになる」という心配は、あまり必要ないように見えます。

無理なく節約し、あまりたくさんのモノは持たず、今あるものを大切に使い、自分と大事な人の幸福を大切に、穏やかに生きている。そんなイメージがあります。

私自身はセミリタイアではなく早期リタイア組ですが、セミリタイアブログを読んでいて、いい暮らし方だな、と思うことは多いです。

もしベーシックインカムで、みんながそんな風に暮らせるようになったら、けっこう、素敵な社会になるんじゃないのかな…なんて、思ったりするのです。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大