2016年の振り返りをしてみました

大晦日が近づいてきて、今年の振り返りをしておられるブログをたくさん見かけるようになりました。

そこでこのブログでもやってみようと思って、今年の目標は何だっけ?と、手帳や日記をさかのぼってみたのですが…

目標、建ててなかったです(テヘペロ)。

2016年はなし崩し的に始まっていたみたいです。

それどころか今年の1月の日記を見ると、すごく沈み込んでいたようで、こんなことが書いてありました。

疲れた。疲れた。疲れた。

うちへ帰りたい。今いる「うち」ではなく、子供のころの、

何の悩みもなかった(少なくとも今より夢があった)

しあわせな頃の「うち」へ。

うちへ帰りたい。

具体的に何かがあったわけではないんですけど、会社での些細なことや、体調の悪さなどが積み重なって、重たい疲労感になってのしかかっていた感じです。

実際、この「うちへ帰りたい(現状から抜け出して、安らげる場所へ行きたい)」という思いがずっと心の底にあって、早期リタイアへの道を進む原動力にもなったし、ペンネームにも、このブログのURLにもなっています。

では、今も疲れているのかって?

…確かに、疲れてはいますが、帰りたい「うち」は少しずつ変わってきたかもしれません。

帰り着きたい、辿り着きたい場所。

それは、過去の思い出の中の理想化された「うち」ではなく、これから向かっていく未来にある場所に、なって来ている気がします。

2016年はなし崩し的に始まっていたけれど、4月にこのブログを書き始めてからは、早期リタイアという目標に向かって進んでいくことができました。

「夢をかなえる人の手帳」の藤沢優月さんが以前、著書の中で「文字に書き落としたものは、実現する」と書かれていたのですが、それって本当だなあと、いま実感しています。


「夢をかなえる人の手帳」藤沢優月

文字・文章にすること、特に、

・具体的に、どうなりたいか

・それはなぜか

・それが実現した時のメリットとデメリット

を繰り返し確認することが、目標への道を歩んでいく上で、とても有効だったと感じています。

なので2017年も、まず夢・目標を書き起こすこと。

そして、「なりたい姿(具体的に)」「理由」「メリット・デメリット」等を文字にしていくことで、実現に向けての第一歩を踏み出していけたら、と思っています。

後ろ向きな始まり方をしていた2016年。

でも、早期リタイアを真剣に検討する中で、少しずつ前向きにもなれたし、仕事や人生について深く考える機会も得られたし、何より早期リタイアという目標をクリアできました。

わたしの人生において、大きな転換点となる年でした。

ただ、早期リタイアは一つのステップであり、一つの手段。目的地はまだ先にあります。

2017年も引き続き、その目的地への旅を続けていきたいと思います。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大