一寸先はトランプ。

今日から本格的に忙しくなりました。
3、4営業日はこの状態が続くと思われますので、しばらく長文はありません。ごめんなさ…いや、安心してください、なのか!?(; ・`д・´)

トランプさん勝利の衝撃と、その意味するもの。

今日はホントそれどころじゃなかったんですが、でも隙あらば2chで情報を追っかけてました。(Yahooの速報ページは早々にアクセス過多で使えなくなってましたね)

かなりな接戦で、息詰まる攻防でしたね。
特にペンシルバニア州の攻防がアツかったみたい!

いやーそれにしても、てっきりクリントンさんだと思ってましたので、この結果にはびっくり。
なんだかんだ言っても、(トランプさんと比べると)温厚そうで既定路線を行きそうな彼女を選ぶんじゃないかなーと、思ってました。

想像以上に、現状への不満が大きかったんですね。

この結果にはわたしだけでなく世界中が驚いているようなので、現在のアメリカにおける移民や格差やその他もろもろの問題は、世界の想像する以上に深刻だった、というところでしょうか。

トランプさんの勝利は、ブレグジットと同じく、新自由主義・グローバリズムの行き詰まりを示すものだと言われています。
お金とモノと人の行き来の自由度が、今後は下がっていく傾向にあるのかも知れません。
国々は、内向きになろうとしているのかも。

でもわたしは、今の日本(世界も)の格差社会の元は、行き過ぎた新自由主義・グローバリズムだと思っているので、もしその流れが変わろうとしているなら、喜ばしいことだと思います。

思うに、世界中の垣根を取っ払ってしまうには、まだまだ人間は未熟だったんじゃないでしょうか。
マズローの言う「神経症的な欲求」に取りつかれている人が多すぎて、お金をいくら儲けても、まだ足りないまだ足りないと手を伸ばし、ついには奪われ続ける人々の怒りが爆発するまでに至ってしまった。

「トリクルダウン」が機能しなかったのも、この「神経症的な欲求」に取りつかれた人が多すぎるからなんでしょうね。

↓皆さんも一度は目にしたことがあるだろうこの絵の示す通りに…
http://togetter.com/li/731759

この絵の別バージョンで、

ひろいものですが。。。 ♧  ♡   ♤  ♢   ♧  ♡   ♤  ♢   ♧  ♡   ♤  ♢   ♧  ♡   ♤  ♢   ♧  ♡   ♤  ♢     菅原文太さん 『国はカネがない、増税しかないと言うけど、ぜひ聞...
こういうのもありますね。
わたしこのセンス大好きなんですが、いちばん上のグラスからチューチュー吸ってるキャラ(カルピスのキャラですかね)が何とも言えない良い味出してます。

日本への影響、そして私のお財布への影響は。

日本は米軍基地に関する政策で、見直しを迫られるかもしれませんね。
たしかトランプさんは、もっとお金をよこせ、さもなくば米軍を引き上げる、とか言ってましたよね?

沖縄あたりでは複雑でしょうね。
米軍基地問題が一気に解決するかもしれない、でも一気に変わったら、経済的にはどうなんだろうか、とか。

でもねトランプさん、日本には、もう出せるお金はあんまりないんですよ(;´・ω・)
少子高齢化で息も絶え絶えなんです。
富裕者層や企業への税金を上げたら別かも知れませんが…。

しかし、米国が守ってくれなくなったら、日本は軍事的にはどうなるんでしょうか。
ぶっちゃけ怖いです、近所の、しきりにミサイル撃って自己アピールしてくる国とかが。

シン・ゴジラで見た、頼もしい自衛隊の姿が脳裏をよぎります。
助けて自衛隊~~!(ドラえもん風に)

日本経済への影響でいえば、自動車等、アメリカで儲けているグローバル企業は、高い関税をかけられるのでしょうか。
わたしのトヨタ株どうなってしまうん…?(´・ω・`)
まま、まあ、アメリカだけが売り先じゃないし、ぶっ倒れはしないと思うけど。

為替については、トランプさんはドル安政策を取るでしょうし、円高ドル安が進むでしょうね。これはクリントンさんでも同じだっただろうけど、トランプさんはより過激かも。
わたしのドル資産どうなってしま(略
買い時と思ってドル買っとくか…。

唯一の希望は米国株かな。
トランプさんがアメリカ経済を盛り上げてくれるなら、まだまだ高値が望めるかも知れません。
ただ今でもかなり高い水準なので、どこかで調整は入りそうですが。

最後に、まとめとして。
トランプ大統領爆誕にはびっくりしましたが、これによって世界が良くも悪くも変革を迫られるとしたら、意義のあることだと思います。

マイナス面もあるだろうけど、プラスの面もきっとあると思うので、今後の世界の動きに注目していきたいですね。

ブログ村へのリンク
読んでくださりありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大